「疾風アフィリエイト」 これ、いまでも稼げるの?

疾風アフィリエイト アフィリエイト系
疾風アフィリエイト

こんにちは!レイコです。

これまで色々アフィリエイトのノウハウを見てきて、この業界は年々大きくなっているけれど、頻繁に市場の状況が変わり、臨機応変に対応しなければいけないということがよくわかりました。で、発売後10年近く経過した「疾風アフィリエイト」はまだイケるのか?チェックします。

販売者 込山剛史
運営統括責任者 込山剛史
ホームページURL http://sippunet.com
住所 埼玉県川越市古谷上5327 
コスモ川越ワンダーランドE302号室
電話番号 049-293-6314
メールアドレス sippunet☆gmail.com
(☆を@マークに変更してください)

 

レビュー・評判
 
まず、この教材は「アフィリエイト初心者」用ではなく、「パソコン初心者」用に作られたアフィリエイト指南書なのだそうです。
ならばパソコンの入門書として売り出した方がいいような気もするのですが、世の中にはパソコンを持っていないけれどアフィリエイトをやりたい!という人達も存在するそうで、だったらまとめて教えましょうということで、パソコンの選び方、タイピング、ブログの開設方法まで網羅しています。親切ですねー。
 
年齢や経験を問わず、特に初めてPCを導入した人にとってはありがたいことだと思いますが、この教材が発売されたのは2013年頃だそうで、同じアフィリエイト手法で2021年の現在も変わらず収益を上げることが可能なのか?という疑問は払拭できません。
 
PCの使い方を習得したら、次にアフィリエイトでの稼ぎ方へ進みますが、「疾風アフィリエイト」で習うのは、無料ブログを量産するタイプの物販アフィリエイトです。文字数の少ないペラサイト(基本1ページ)にアフィリエイトリンクを張るやり方で、小規模のサイトを大量に作って収益に繋げるものです。

周知の事実ですが、2017年にグーグル検索エンジンのアルゴリズムが大幅に変更されてしまったので、ペラサイトのような「質より量」といった記事内容が乏しいブログは検索結果の上位に反映されなくなってしまいました

さて、そうなると「疾風アフィリエイト」で学んだ人達もグーグルの変更に合わせてやり方を変えなければいけません。その対策はなされているのでしょうか。もし発売当時と変わらぬ内容であれば「疾風アフィリエイト」を18,800円で購入する価値は無いと思われます。

 

まとめ

全5章あり1千ページ以上のボリュームには、圧倒されてしまいそうです。PC導入からの初心者は一通りのパソコンの使い方を習得したあたりで満足してしまいそう。
ここで習うアフィリエイトの作業は、短い記事であっても毎日毎日量産しなければならず、うまく収入を得ながら最終章の上級編までたどり着く人はどれくらいいるのやら。

上級編へ進む前の実践編でのアフィリエイト手法は、現在では昔ほど簡単に稼げなくなっているので、ここで躓く人が多いと思われます。
googleアルゴリズム変更前の、SEO対策、ライティングスキル、キーワード選定すべて不要、単純作業で、アップするのは無料ブログ、という「疾風アフィリエイト」のやり方では通用しなくなったのです。

上級編では、SEO対策やサイトグループ作成などを学ぶそうなので、「量より質」重視の手法のようですが、これも「実践編でしっかり結果を出した人向け」とのことなので、2021年のアフィリエイト事情に適したものなのかは疑問が残るところです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。